近頃は競売で居座っても立退き料はもらえない

ご自宅が競売にかかると、落札した方から、出て行ってほしいと連絡を受けます。
この連絡を受け、なお出て行かない場合であっても、購入者としても力ずくで追い出すわけにはいきません。
そこで、ある程度の金銭を支払ってでも早く出て行ってほしいということでお金で解決する話になることがあります。

 


これが立退き料です。

 

立退き料は交渉によって定まる金額のため、実際に話してみないといくらになるのだか、分かりません。
しかし、近頃は立退き料を支払ってもらえないケースが増えて来ています。

 

そもそも法律的には競売物件を占拠していることにはなんの権限もありませんので、不法行為になります。
落札者としては、法的な手続きによって占有者を立ち退かせる権限がありますし、その方法もあります。

 

この法的な手続き(強制執行といいます)には費用がかかることから、その費用を支払うくらいなら、と立退き料の交渉に応じてくれることがあるのです。
ただ、立退き料という不明瞭な取引を行うことを嫌がる落札者が増えてきました。
多少出費が多くなっても、正当な手続きで出て行ってもらいたいと考える落札者、特に不動産業者が多くなってきました。

 

また、裁判所も競売後の不法占拠者に対しては厳しく臨むようになってきています。
迅速に強制執行が進むようになってきています。
そのため、立退き料を競売後に受け取れるとは思わない方が無難です。