代位弁財ってなに?

借金が膨らみすぎて支払いが滞った場合、金融機関としては、最初の一ヶ月や二ヶ月は督促状や電話で支払いの催促をしてきますが、そういつまでも待っているわけにはいきません。

 

かといって、金融機関も、会社や自宅に出向いて借金の催促をするような信用を無くす行為は好ましくはありません。

 

そこで、金融機関は代位弁財の形を取ります。

 

代位弁財とは、借金をした人に代わって第三者が借金返済することです。

 

この場合の第三者とは保証会社のことを指します、保証会社から個人へ貸したお金を金融機関は受け取り、無事支払いが終わったので、金融機関として、この件に関しては、関わりが無くなります。

 

そして新たに、個人にお金を貸しているのは保証会社となるのです。

代位弁財 自宅に通知がとどく

代位弁財についてのお知らせは個人への自宅に通知書が届きますので、これに記載されています。

 

 

そうなりますと、金融機関のように生易しい対応ではなく、いきなり一括返済を申し立ててきます。

 

これに応じれない場合は、裁判所に申し立てをして個人の自宅を競売物件として販売するとの通知が来てしまうのです。

 

ですから、金融機関から保証会社に抵当権がわたる代位弁財は生活が危なくなる前触れです、出来ることならこうなる前に債務整理の専門家に相談して生活再建を図るのが唯一の道です。