リスケジュール出来る?

あまり一般では聴きなれない言葉ですが、リケスケジュールという債務整理において良く使われる言葉があります。

 

 

リスケジュールとは、借金返済が出来ない状況になった場合、借りている金融機関に交渉して返済を一時止めてもらう。

 

または返済期間を延長してもらう、事柄です。

 

このリスケジュールは、債務整理計画の中では最も重要であり、個人で行なうことも出来ますが、素人では到底金融機関を納得させる交渉は出来ないでしょう。

 

第一、債務整理で必ず出てくるのは、自宅を競売することです。

 

自分の持つ中で、一番大きな財産である不動産は債権者にとって現金化して返済させることの出来る格好の品です。

 

もし、自宅を競売させられると、一般の市場価格よりもかなり安く販売されて、借金のほとんどは残ったままになり、自宅まで失って、ますます困った状況に陥ることでしょう。

 

それより、同じ自宅を販売するのなら、任意売却という形にしたほうが何かと有利です。

 

この任意売却は、普通の不動産市場で自宅を少しでも高値で売る努力をすることですが、その動きの前に行なうのがリスケジュールです。

 

先ほども述べたように、法律や不動産に詳しくない素人が、金融機関のような専門家が相手では到底太刀打ち出来ずに交渉は決裂するのは目に見えています、ここは債務整理専門の弁護士に任せるのが一番の打開策です。

 

債務専門の弁護士であれば、法律にも詳しく、任意売却をしたほうが、債権者や金融機関にとっても有益であることをリスケジュール出来る能力を十分持つので任せるに値する専門家です。