期限の利益の喪失とは?

個人には期限の利益があって、たとえ借金をしても、決められた期限内であればお金を返さなくとも良い、期限内までは支払請求をされることはない、との債務者には当然の権利を持っています。

 

けれど、期限の利益が喪失する自体もしばしば起こりうるのです。

 

債務者が世間的に信用を損なう事実が発覚したとき、期限の利益は喪失します。そして借りているお金を直ぐにでも全額支払う要求が認められるのです。

 

特にビジネスの世界において、一番多い例は借りた会社が不渡りを出してしまうとします。

 

すると債権者としては、このまま返済期限までのんびり待っていると、ますます債務者が返済能力を無くして、一円も返してもらえない事体になると予測して、債務者の期限の利益を喪失させ、即、支払請求を求めます。

 

個人においては、住宅ローンを組んで契約したものの、返済が何ヶ月も滞ってしまい、最初は銀行側も支払いを催促する通知で済ませるのですが、何ヶ月も続くと利益を損ねる行為として契約違反をしたことで、ローン代の分割払いという契約は破棄されて、ローン代を一括払いで支払いを求めてきます。

 

そして一括返済が無理な場合は、住宅ローンを組むときの抵当の自宅を売却して返済するよう要求する通知を出してくるのです。

 

こういった債権者の利益を著しく損なう危険性が認められる場合は、債務者の期限の利益の喪失が認められます。