任意売却で連帯保証人に及ぶ影響はどんなもの?

債務整理するには、専門の業者に頼んで、債権者と交渉し、借金返済計画を出来るだけ有利なように交渉して、自宅を良い値段で販売して、その資金で多くの借金を返済して、残りの借金を極力減らして生活再建を果たす。

 

唯一の方法が任意売却ですが、もし借金をするときに知り合いに連帯保証人になってもらっている場合は、かなりやっかいです。

 

連帯保証人は、借金をする際に、返済できない場合、全ての責任を持つという契約をしたのですから、借金の全てが支払われるまでは責任を逃れることは出来ませんし、連帯保証人を誰かに押し付けることも出来ないのです。

 

 

ですから債務者の支払いが滞ると、連帯保証人に債権者の取立てが行きます。

 

連帯保証人が債務者の借金の全てを支払うケースも良くあることで。

 

債務者の借金のせいで自己破産にまで追い込まれる連帯保証人だっているくらいです。

 

そのくらい債務者の借金に責任を負わなくてはいけない存在ですから、もしも任意売却をするときでも、当然連帯保証人にも同意を得る必要があります。

 

債務者が任意売却するにしても、借金の全てを、これで支払い終えることは無いので、残りの借金については、やはり連帯保証人に支払いの催促が来ることになります。

 

このように、どう転んでも連帯保証人には迷惑をかける状況になりますが、ここは任意売却業者か弁護士、司法書士に同席してもらい、説得に尽力を尽くしてもらうのが良い判断です。

 

任意売却の形で少しでも迷惑を減らす方法を取るのが最適だと納得してもらうのが肝心です。