競売のメリット

競売を行うことの債務者のメリットは、手続きが裁判所によって進められるため、公正である、という点にあります。
任意売却にしろ、銀行との交渉にしろ、裁判所が関与していないため、悪質な行為が行われる可能性が否定しきれません。
銀行、不動産屋に騙される可能性は常について回るためです。

 

 

また、競売はゆっくり進むため、自己破産を覚悟して債務者にとっては一番長く自宅に済み続ける方法になりえます。
加えて、最後まで居座ることで、立退き料を受け取ることが出来ケースもあります。

 

また競売により、唯一の財産である住宅を売却することによって破産申し立てをした際の免責を得やすくなるという効果もあります。

 

逆に債権者にとっても、競売は最も手間のかからない方法であると言えます。
手続きは裁判所が進めてくれるわけですし、債務者との折衝も必要ありません。
また、債務者に与えるプレッシャーも、一般の方は裁判所から通知が来ることなど生まれて初めての経験ですので、大きなものがあります。

 

また内部的な事情になりますが、競売を行うことで債権者の社内での説明が楽という事情もあります。
任意売却には判断がからむため、債権者としては社内の意思決定のため資料を作成したりと諸々手間がかかります。
競売の場合には選択の余地がありませんので、このようなわずらわしさがありません。