競売のデメリット

債務者にとって競売されてしまうと困ることがたくさん出てきます。

 

大きいのは、住宅の売却価格が任意売却の場合と比べて安くなり勝ちであることです。

 

あくまで入札者がどういう値段をつけるかで変わってくるため、必ず安くなると言い切れないところではありますが。

 

一般的には市場価格の7割程度で売却されることが多いようです。

知っておくと役立つ知識

また、競売では、周りの住人や会社に、住宅ローンを延滞していることが分かってしまう、という点もデメリットの一つです。

 

 

裁判所により公告されながら手続きが進行するため、誰もが知っているは言い過ぎですが、うわさになるのは避けられません。

 

競売の手続き中は、入札者が自宅にやってくる、という点もデメリットの一つです。

 

更に、競売で競り落とした人が、いつ自宅を明け渡すよう要求してくるか、予測することができません。

 

最後に、競売後は、売却価格が全額ローンの返済に充当されるため、債務者の手元にお金が残らず、引越し費用すらままならない可能性があります。

 

債権者にとっても競売はメリットばかりではありません。

 

競売手続きには長い時間がかかりますし、競売を行うためには費用もかかります。

 

この費用は債務者に請求できるものではありませんので、債権者が負担することになります。